« 一眼三代 | トップページ | おけいはんにも新しい風 »

2008年10月15日 (水)

お日様の匂い

昨日の肌寒い雨から一転して晴天!夕方からの仕事だったので布団干しsun

布団を干した日の夜、寝床に入るとお日様の匂いがしていつもうれしくなるし、「お日様の匂い」ってイメージだけで気持ちがあったかくゆったりするのが不思議。

日向に寝てるせいか猫もこういう匂いがしますcat

(そういや柔軟剤レノアで「おひさまの香り」ってのが出てますね。芳香剤の「何とかの香り」って期待して買うとたいてい外すんですが、これはどれくらい再現してるのかちと興味あり。)

そんなハッピーな「お日様の匂い」ですけど、どうやって布団とかにつくのかな?どういうものなのかな?と思ってました。

で、とうとうその正体を知るべく、”ゴーグル”してみると(ナイツの漫才何度見ても爆笑!)

同じように疑問を感じてる人も多いみたいで、「教えて!」の類であれこれでてきました。

すると・・・多かったのが「皮脂、残った洗剤の成分などが紫外線や太陽光の熱によって分解され、その結果発生するアルコールや脂肪酸の匂い」っての。。。

ダニの死骸と埃の匂いって意見もcoldsweats02

おいしいな~と思って食してたものがゲテモノだった時のような複雑な気分。。。(体験はないけど)

ま、皮脂も埃もダニも布団についてるにきまってるし、丸洗いなんかしないから、納得ではあります!

「めまいが・・・」って倒れそーなくらい夢をぶっ壊す答えですけど、リラックス効果があるってのは確かだし、お日様によって発生したものはやはりお日様の匂いだ!ってことで。

気分よくふかふか布団で眠りましょう!(笑)

|

« 一眼三代 | トップページ | おけいはんにも新しい風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一眼三代 | トップページ | おけいはんにも新しい風 »