« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月26日 (水)

朝粥の幸せ

0系新幹線の引退まであとわずか。

そんなに思い出とか思い入れは実はないんですが、昭和世代として「夢の超特急」に敬意を表して、新大阪7:59発博多行きにお別れ乗車してきました。

姫路あたりまで乗りたいところですが、帰路&料金面を考慮して新神戸までです(笑)

平日にもかかわらず、ホームは撮影をする人で大賑わい。殺伐とはしてなかったけど、JRの方も安全管理に苦労されているようで、お互い迷惑にならないよーにしないとね。。。

車内も、自由席は満員状態という話なので指定にしましたが、親子連れや年配の方、鉄らしき若者など、いろんな層で盛況でした。

10数分で新神戸に到着し、ホームで0系を見送った後は、神戸を少しぶらぶら。

地下鉄で神戸市役所まで移動し、朝8時から営業している中華粥屋「杏杏 諏訪山工房 (シンシン)」へ。

10時までの朝粥セットは、チャーシューまんか鶏まん、あとフルーツがついて700円。お粥、特に中華粥が大好きなので、こういうお店が近くにあるってうらやましい!

冷え込んだ朝だったけど、お腹も気分も温まりましたhappy01

お店の後ろの諏訪山を少し散歩し、元町まで歩いて帰路についたのでした。

Nekosiki9

| | コメント (0)

2008年11月20日 (木)

冬到来

昨夜は急激に冷え込み、夜空も空気も、すべてキリッとしてました。
さすがにおーさかでは雪までは降りませんでしたが、各地で雪の便り。
今日も空気が冷たく、冬ってこんなだったよなぁと一年ぶりに思い出させてくれます。

今日は高速バスの中央道昼特急で東に移動してるのですが、途中、くっきり青空バックに雪化粧の伊吹山、富山方面の車への雪規制案内、中津川辺りの紅葉まっさかりの山々と、この時期ならではの混在ぶり。
晩秋から初冬の移り変わりを味わい、そして冬本番の楽しみの始まりですhappy01

| | コメント (0)

2008年11月13日 (木)

2兆円であんなことこんなこと

あっそう首相の思いつき&丸投げ給付金はどこまで迷走、いや暴走するんでしょう。。。

素人でもバカバカしいことだとわかるのに、これで国民の支持が集まると本気で読んでるとしたら救いようのない無能さ。。。

自民の人誰か止めてあげないとホントに政権やばいんではないでしょうか・・・。

今日の「ちちんぷいぷい」でもこの話でもちきりだったけど、2兆円あればどんなことが出来る?というシミュレーションをしてたのが面白かったです。

全国の公立小学校の給食費無料だと約6年分。後期高齢者の保険料や介護保険に充てたら数年分といった具合。

中でもブラボーだったのが次の2つ。

2兆円あれば全国自治体病院の赤字をすべて解消してもおつりが来るので、残りで全国の幼稚園~高校にAEDをおまけにつけちゃいます~なプランshine

もちろん赤字なくなっても根本的な問題解決にはならないので経営立て直しが必要だけどね。

あと、全国の小学校で耐震工事が必要な学校かなりあるようですが、その内80%(全部だと2兆円超えちゃうらしい)の耐震化が出来ますよってプランshine

子どもの学ぶ環境の安全+地域の避難場所の安全が手に入るのなら文句言う人いないんじゃないかなぁ。

2兆円って庶民にはピンとこないけど、上手く使えばいろんなことが出来るんだなーと感心しました。

なんとか思い直してカシコク使ってね。あそーさんpaper 

| | コメント (0)

2008年11月 7日 (金)

銚子電鉄ドラ

先日セブンイレブンに立ち寄って何か甘いものを・・と物色していたところ、「がんばれ!銚子電鉄」なるドラ焼きを発見~。

Nekosiki8

ヤマサ醤油を使用したという醤油ドラ焼き。包装にはデハ801が描かれています。

ドラ焼きの皮に醤油を使ってるみたいで、口に運ぶとほのかに醤油の香りと味わいがしておいしかったです。

銚子電鉄というと、経営を支える自社製の「ぬれ煎餅」が有名ですが、これはヨコハマの会社が製造。

銚子電鉄の認知度が低い関西で置いてるのが不思議でしたが、調べてみるとセブンミールの「コラボスイーツ」のひとつでしたhappy01

ついでにぬれ煎餅も置いてほしいなー。

銚子電鉄は数年前に乗りに行ってファンになりました。厳しいといわれる経営状態が気にかかりますが、アド街で銚子を取り上げた時も紹介されて、認知度や観光客も増えたのではないかという期待もあるし。

濡れ煎餅での収益が大半でもいいから(ホントはよくはないんだけど・・・)これからも頑張って存続してほしいと願っていますshine

| | コメント (0)

2008年11月 4日 (火)

冬の使者

11月に入って気温もずいぶん下がってきました。

紅葉はまだこれからの関西ですが、少しづつ木々も色づき、夜空にはオリオン、冬の大三角形の姿がshine

最近は11月になるとクリスマスツリーが登場し気が早いなーと思ってるのですけど、コンビニでは年越し蕎麦の予約案内も・・・(^^;

こないだ北大イチョウ並木の黄金色がニュースで紹介されて、いよいよ冬の訪れも近いなーと思ってた札幌も、本日初雪snow

北海道では晩秋「雪虫」なる虫が飛び交うと、まもなく雪が降るそうですが、北海道大好きで秋にも行ってる割には一度もお目にかかったことがありませんでした。

それが去年の11月、滋賀の坂本に紅葉見物に出かけた時、湖西線電車内の窓に止まった小さな虫を見て、「雪虫!」と同行者が興奮気味に指差します。

Nekosiki6_2

同行者は札幌で雪虫の大群に遭遇した経験の持ち主。

一匹だけだし関西だし「これなの?」と半信半疑ながらも、その言葉にしげしげと観察&撮影します。

さらに電車を降りて坂本の町を歩いていると、同じような虫がたくさん、白い綿毛を出しながらただよっています。

同行者が捕まえたので撮影↓(ピンぼけでわかりにくいけど、白いのが綿毛)

Nekosiki7

「やっぱ雪虫」とのことで、関西にもいるんだ~と驚くとともに、初めて雪虫見れた!と感激ひとしおでした。

関西では認知されていない雪虫なので、今までも知らない間に目にしてたのかもしれないなぁ・・。

ロマンチックな名前とは裏腹に、群れてるところに出くわすとウンカのごとく相当うっとうしい存在だそうですし、北国の方にとっては「また雪のシーズンか・・・」という象徴カモですが

雪にまつわることが珍しく新鮮に思えてしまう関西人としては、冬の使者・雪虫に今年も出会えたらいいなと思ってしまうのでした。

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »